【最新刊】魔法が解けても

魔法が解けても

1冊

キャンディス・キャンプ 翻訳:竹原麗

660円(税込)

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    経営する会社に国税庁の調査が入ったアンジェラは、母親が勝手にブライス・リチャーズに助けを頼んだと知り、憤慨していた。会計学教授の母をはじめ、理系人間に囲まれて育ったアンジェラはいつも落ちこぼれで、母の自慢の生徒ブライスに反発してばかりいた。12年ぶりに会った彼は驚くほどハンサムに成長していたが、相変わらず人をばかにしたような目で見てくる。やっぱり彼とはそりが合わない。早々に口論になりアンジェラがそう確信したとき、ブライスは突然彼女の唇を奪った。束の間、欲望の渦にのみこまれるほど情熱的に。

    続きを読む
    提供開始日
    2010/06/17
    連載誌/レーベル
    MIRA文庫

    レビュー

    2
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    0
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2012/12/02Posted by ブクログ

      コンテンポラリー。この作者さんらしい可愛らしさをあまり感じられなかった。ヒストリカルのほうが面白いのかも。

    • 2010/07/27Posted by ブクログ

      キャンディス・キャンプがヒストリカルで描くお子様ヒロインは好きだけど、こちらのヒロインはお子様ヒロインでも嫌いなタイプ。癇癪を起こしたりかたくななところは子供っぽいけど、私が期待する天真爛漫さみたいな...

      続きを読む
    • 2010/06/16Posted by ブクログ

      コンピューターゲーム制作会社の共同経営者ヒロイン。彼女の子供時代の天敵ヒーロー。
      あのね。こんな子供じみた言動や癇癪持ちのヒロインは好きじゃない。
      おかげでヒーローの冷静さが際立ったね。

    セーフモード