社長のモラル 日本企業の罪と罰

佐高信

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    経営トップの公私混同、粉飾決算、モラルすら忘れた儲け主義。あげくに平気で嘘をつく社長たち。一流企業に次々と表面化する、この恐るべき体質は、どのように醸(かも)し出されてきたのか。戦後から現在まで、日本企業が犯した多種多様な企業事件を題材に、会社大国の深い闇を照射する。(『戦後企業事件史』改題)

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    2
    5
    0
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2014/02/16Posted by ブクログ

      戦後日本の企業事件についての概略が示された本だった。正直な所、これだけでは背景などを深く知ることができないため、文中に度々出てくる関連書籍を購入することになるだろう。 自分がどういう企業事件に興味があ...

      続きを読む
    • 2012/11/24Posted by ブクログ

      リクルート事件の真っ最中、リクルート社のPR誌の仕事をしていた。
      店舗等へ取材依頼をするのだが、軒並み取材拒否。勿論、事件の
      影響である。

      住友銀行の支店長射殺事件の時は、住友銀行の仕事をしていた。...

      続きを読む

    セーフモード