【最新刊】苦海浄土 わが水俣病

苦海浄土 わが水俣病

1冊

石牟礼道子

605円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    公害という名の恐るべき犯罪、“人間が人間に加えた汚辱”、水俣病。昭和28年一号患者発生来十余年、水俣に育った著者が患者と添寝せんばかりに水俣言葉で、その叫びを、悲しみ怒りを自らの痛みとし書き綴った《わがうちなる水俣病》。凄惨な異相の中に極限状況を超えて光芒を放つ人間の美しさがきらめく。

    続きを読む
    提供開始日
    2010/05/28
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    4.6
    5
    5
    3
    4
    2
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/09/27Posted by ブクログ

      (2016.09.18読了)(1999.01.02購入)(1990.07.20・第34刷)
      副題「わが水俣病」

      【目次】
      第一章 椿の海
      第二章 不知火海沿岸漁民
      第三章 ゆき女きき書
      第四章 天の...

      続きを読む
    • 2014/11/18Posted by ブクログ

      B916-イシ 000367250

      読むのが辛い重い本であることを始めに断っておきます。それでもなお医療従事者を志す若い方に是非読んでもらいたい一冊です。有機水銀中毒は特徴的な神経症状を呈するので、...

      続きを読む
    • 2013/10/07Posted by ブクログ

      感情論に走ることなく、淡々と・・・それでいて、胸に迫ってくるものがあります。私たちが今ここに在ることの意味について、考えさせられます。
      鹿児島大学 / 教育学部
      教員名 丹羽佐紀

    開く

    セーフモード