【最新刊】白兎・苦いお茶・無門庵

白兎・苦いお茶・無門庵

1冊

木山捷平

880円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    敵の戦車に人間爆弾となって廃兵が飛び込む訓練を繰り返す。そんな理不尽きわまる敗けいくさ。夫たちが徴兵され、著者がいみじくも名付けた半後家たちとの置き去りにされた生活。“一年が百年にも感じられる”流謫の生活の中でも、市井に生き続ける“在野”の精神を飄々たる詩魂で支え、正に“人生の歌”を歌った木山捷平、中期・晩年の代表的短篇。

    続きを読む
    提供開始日
    2010/04/16
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫
    出版社
    講談社/文芸
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    4
    1
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2012/05/03Posted by ブクログ

      さつま揚げは美味い。
      だからといってさつま揚げの行商はまあ儲からないだろう。
      しかし木山捷平という男はそれをやる。
      それゆえ木山捷平の小説は面白い。
      2011年に復刊したこの短篇集は老境に入っ...

      続きを読む

    セーフモード