【最新刊】許されない口づけ

許されない口づけ

1冊

ルーシー・モンロー 翻訳:夏木さやか

550円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    別居していた夫ディオン・キリアキスの葬儀に参列するため、サヴァナは三年ぶりにギリシアを訪れた。娘を連れてアメリカに帰っていたのは、異常に嫉妬深い夫の脅威から逃れるためだった。だがキリアキス一族は、非は彼女にあると思いこんでいる。葬儀の場では、夫の従兄レアンドロスにも蔑みの目を向けられた。従弟の妻とは知らず、かつて彼はサヴァナに熱い口づけをしたが、今は、サヴァナに愛人がいたという夫の嘘を信じているようだ。一年後、亡夫の遺言の執行人としてレアンドロスが連絡をしてきた。祖父母が孫娘に会いたがっているからギリシアに戻ってこい、と。彼の冷たい声を聞きながら、サヴァナの胸はある予感に震えた。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード