社長島耕作 16巻

完結

弘兼憲史

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

チャイナリスクを避けてインドネシアへの工場移設を決めた島は、視察のため成長著しい首都ジャカルタに降り立った。これが社長としての「最後の仕事」になると意気込む島。ある夜、ジャカルタ市内で開かれた日芝主催のパーティーに出席した島は、20年前「完璧なプラトニック・ラブを全う」したある女性と思いがけない再会を果たす。乱れる島の心。ロマンス、再燃か――!?社長編、堂々完結。

続きを読む
  • 社長島耕作 全 16 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    社長島耕作 全 16 巻

    10,560円(税込)
    105pt獲得

レビュー

  • 2020/07/15Posted by ブクログ

    遂に社長編終了。
    「会長・社長」交代劇が案外アッサリだったのには拍子抜け。

    インドネシア編なので「もしかして?」と思ってた人物がホントに
    出てきて「やっぱり!」と一人頷く。(笑)

  • 2020/07/15Posted by ブクログ

    読み応えがある。今の経済をサラリーマンの視点から垣間見ることができる。
    それでいて、主人公の名采配が読んでいて痛快。
    学べるエンターテイメント。

  • 2020/07/15Posted by ブクログ

    社長編もこの巻で終了。課長編の17巻に次ぐ、長い16巻となった社長編。1970年に初芝産業に入社してから43年目の島耕作。いよいよ、会長へ。この調子でいくと、相談役編もあるのかも?

開く
[{"item_id":"A000152747","price":"660"}]

セーフモード