ファンタスティック12(ダズン) (11) 解剖の美学

荒俣宏

880円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    解剖図譜は16世紀イタリアのヴェサリウスをもって嚆矢とする。筋肉男や骸骨男が町を背景にポーズをとる図像は、オランダのアルビヌスに受け継がれ、歩く死体=ゾンビが初期解剖図譜のパターンとなった。次に、同じくオランダのダコティが彩色をほどこしたエロティシズム溢れる生体解剖図を制作したが、これら西洋の美学と、江戸期『三之助解剖図』に見られる解体作業にも似た生々しさとを、ぜひ比較鑑賞されたい。本書は、図像の持つ過剰な快楽を味わおうとする人々のために、古今の解剖図像を一堂に会させた第二の『解体新書』なのである。【脳内パノラマとしての図像を探検する・ファンタスティック12の第11巻】

    続きを読む
    • ファンタスティック12(ダズン) 全 12 巻

      未購入巻をまとめて購入

      ファンタスティック12(ダズン) 全 12 巻

      10,560円(税込)
      105pt獲得

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード