輝く瞳の略奪者

ケイト・ウォーカー 翻訳:春野ひろこ

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    アレクサは重い気持ちでセビリアの大聖堂の扉を押し開けた。今日ここで執り行われるのは異母妹の結婚式のはずだったのに。妹は土壇場で別の男性に心を移して逃げ去ってしまい、それを新郎に伝えるのが、姉であるアレクサの役目となった。事実を知らされ傷つくと思いきや、新郎のサントス・コルデロは声をあげて笑いだす。サントスにとって、この結婚は上流階級の身内になるのが目的で、愛情とはいっさいかかわりのない決断だったのだという。彼はせっかく準備した披露宴を無駄にはしないと言い、アレクサの手をつかんで告げた。「きみには僕と一緒に来てもらう」

    続きを読む

    レビュー

    4
    2
    5
    0
    4
    2
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2010/02/08Posted by ブクログ

      傲慢ヒーローかと思いきや・・・ヒロインの家から一度は立ち去ろうとしながらも「無理だ・・・」なんて。本当の自分の気持ちにきづき、戸惑いながらも正面から向き合い、ヒロインに愛を告白する姿にキューンとなって...

      続きを読む
    • 2009/12/15Posted by ブクログ

      良いR。華やかで正統派美人の妹の陰に隠れてしまう優美な姉と、母に捨てられ、大人から虐待を受けたために愛を知らない成り上がりヒーローのカップリング。不器用にメロメロなヒーローがオイシイw

    セーフモード