ぼくらの 8巻

鬼頭莫宏

605円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

敵の攻撃を受け危機一髪のアンコ(往住愛子)を目の前にしても、冷静に自らの職務であるTV中継を続ける彼女の父親。その態度にマチやカンジは怒りを顕わにするが、一方で迫真の中継によって、日本中からアンコへの声援が聞こえ始めた。皮肉にも、憧れだったアイドルのように日本中から注目される存在となったアンコだが…!?

続きを読む
  • ぼくらの 全 11 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    ぼくらの 全 11 巻

    6,655円(税込)
    66pt獲得

レビュー

  • 2008/02/01Posted by ブクログ

    アンコのアイドルごっこは伏線だったのか!
    そして、やはり父親としての愛情であった事に感動しました。
    表紙の通り、次のパイロットはカンジ。
    敵ロボットは長距離に移動し、ジアースからの反撃を不可能にした上...

    続きを読む
  • 2008/03/19Posted by ブクログ

    今までの中で一番好きな巻です!!
    カンジがもの凄く男前です。
    ウシロとカンジ、ウシロとカナ。
    ウシロは色々な人に支えられていて、ウシロを支えている二人が、もの凄く素晴らしい人間だと思うのです。
    この巻...

    続きを読む
  • 2012/07/09Posted by ブクログ

    アンコは立派。
    アンコが死の間際、カメラを向けられていてもしっかりと話す様子を見て、やっと娘の成長を理解した父親。子供を養うために仕事に忙殺され、結果として子供と向き合えなく(目を向けられなく)なって...

    続きを読む
開く
[{"item_id":"A000057641","price":"605"}]

セーフモード