日本の中の朝鮮文化 (5) 若狭・越中・能登・越後ほか

金達寿

550円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    朝鮮渡来の文化を北陸=日本海側諸地に探る。またまた謎はひろがる。新羅・加耶系渡来人の象徴である天日槍(あめのひぼこ)が、北陸の総鎮守といわれる敦賀の気比神宮に、なぜまつられているのか。息長(おきなが)氏族の活躍はなぜか。各地の遺跡を訪ね歩くたびに、日本古代史に残る謎は、新羅ルートこそ解決の鍵であるのを痛感する。

    続きを読む
    • 日本の中の朝鮮文化 全 12 巻

      未購入巻をまとめて購入

      日本の中の朝鮮文化 全 12 巻

      6,600円(税込)
      66pt獲得

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード