センセイの鞄 1巻

原作:川上弘美 作画:谷口ジロー

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    とある居酒屋で、三十七歳のツキコさんは、ビールの肴にと、まぐろ納豆、蓮根のきんぴら、塩らっきょうなどを頼む。すると隣りでも同じように注文する老人が……。さても肴の趣味の合うご老体だと感心していると、その人は高校時代の恩師だと知る。この再会をきっかけに二人は、やがてゆるやかでおだやかで切なくてはかない二人へと深まってゆく……。

    続きを読む
    • センセイの鞄 全 2 巻

      未購入巻をまとめて購入

      センセイの鞄 全 2 巻

      1,320円(税込)
      13pt獲得
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    4
    9
    5
    1
    4
    7
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/02/21tentenmover
      居酒屋で縮まる「センセイ」と元教え子の距離

      一人居酒屋でお酒を飲むのが好きな女性が、初老の男性から話しかけられ、後にこの男性が中学校時代の恩師と知る。次に会う日を約束するでもなく、時おり馴染みの居酒屋で顔を合わせては、静かに語らいながら飲む。い...

      続きを読む
    • 2016/01/17Posted by ブクログ

      食べ物にまつわるシーンが美味しそうに書かれているのはやっぱりこの作者ならではかな。独特な擬音語にクセを感じる。
      小説を完全になぞった感じだが、絵にされると初老のセンセイの絵面が正直ちょっときつかった。...

      続きを読む
    • 2013/10/08Posted by ブクログ

      川上弘美を読みたくなったな。最近谷口ジローをいろいろ読んでいるけれど,オリジナル原作からそうでないものまで。そうしていると描き手の魂が画に宿っているのを感じる。漫画で原作はだれだれで画はだれだれとなる...

      続きを読む
    開く

    セーフモード