【最新刊】くるぐる使い

くるぐる使い

原作:大槻ケンヂ 作画:大橋薫

440円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

大槻ケンヂ著『くるぐる使い』(角川書店)を原作にしたコミック。くるぐる使いとは大道芸の一種でくるぐる(狂人)を見世物にして金を取る芸である。一部のくるぐるが持つ、読心術や予知能力といった不思議な力を口上に合わせて見せるのである。田舎町の病院に入院中の老人・波野が語る過去の恐ろしい悪行とは!?「くるぐる使い」とはいったい何か!?第25回星雲賞受賞の傑作短編小説を完全マンガ化!!

続きを読む
ページ数
218ページ
提供開始日
2009/09/18
連載誌/レーベル
ネムキ
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

  • 2013/08/31Posted by ブクログ

    古本で購入。

    大槻ケンヂの言葉のセンスと小説のもつ雰囲気にやられた。
    “ミュージシャン”大槻ケンヂの曲はあまり数を聴いたことはないけど、「再殺部隊」「風車男ルリヲ」あたりはちょっと尋常じゃない。
    ...

    続きを読む
  • 2012/10/20Posted by ブクログ

    すっごい、おもしろかった・・・!!なんていうんだろ、ロックでいかれてる話ばっかりなのに、全部悲しくて、いやな気分になって目もそむけたくなっちゃうのに、結局見ちゃう、みたいな。
    やっぱり表題作が最高です...

    続きを読む
  • 2010/11/22Posted by ブクログ

    オーケンさんの小説で一番大好きな作品たちです。
    どうしようもないろくでなしの男が
    立場の弱い、(しかしけして頭がわるいわけでない)純粋な
    女の子をだまして自分の都合のいい狂人にしたてあげて
    しまおう・...

    続きを読む
開く
[{"item_id":"A000035849","price":"440"}]

セーフモード