【完結済み】アカギ (1) 神域の闘牌

アカギ

完結

36冊

福本伸行

440円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

雨降る場末の雀荘に迷い込んだひとりの少年。それまでの短い人生をいやが応にも人に想像することを強いる真白な髪、その目の奥は底なしの闇――彼の名はアカギ。後に神域の男と呼ばれ、裏社会に伝説をつくった男――あの赤木だった!!

続きを読む
ページ数
223ページ
提供開始日
2009/10/09
連載誌/レーベル
近代麻雀
  • アカギ 全 36 巻

    未購入巻をまとめて購入

    アカギ 全 36 巻

    15,840円(税込)
    158pt獲得

レビュー

3.9
74
5
23
4
31
3
16
2
3
1
1
レビュー投稿
  • ネタバレ
    2019/05/05Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • 2016/08/19むおん
    7巻までは面白い(星は7巻までの評価)

    なぜ7巻かというと、それ以降は話のテンポが落ちるから。
    現在30数巻まで刊行されてますが、8巻以降では1人相手にだらだら続けていて、密林では1巻星4に対して30巻星1と言えば察して貰えるかと。
    多分こ...

    続きを読む
  • 2016/01/07Posted by ブクログ

    鷲巣の原動力が「勝ちたい」ではなく「負けたくない」なのが意外だった。というかこのバケモノを作り上げたのは焦土と化した日本の惨状だったのか。

開く

セーフモード