【完結済み】裁判員の女神 1巻

裁判員の女神

完結

画:かわすみひろし 作:毛利甚八 監修:井垣康弘弁護士

550円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

3人の裁判官の他に、無作為に選ばれた6人の一般人が一緒に罪を裁いていく裁判員制度を背景に描く本格的裁判コミック!面白くて役に立つ!!裁判員制度の誕生の秘密から、裁判員辞退の方法まで……全てを明らかにする。あなたなら裁けますか?県内初の裁判員裁判は強盗殺人事件!!だが、女性裁判官・勇樹美知子(ゆうき・みちこ)のもとに現れた裁判員のひとり・戸浦(とうら)は、皮肉にも日給1万円というお金目当てにやってきたホームレスだった……。

続きを読む
ページ数
250ページ
提供開始日
2009/08/07
連載誌/レーベル
マンサンコミックス
  • 裁判員の女神 全 5 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    裁判員の女神 全 5 巻

    2,750円(税込)
    27pt獲得

レビュー

レビューコメント(7件)
  • 1巻2015/11/13Posted by ブクログ

    おもしろかった
    主人公もかわいいし

    裁判と並行して
    裁判員制度に参加する人間の人生も描かれる

    最後のほうは(打ち切りだったのか)名言飛び出しまくりで非常に濃かった

    人の心は想い出の海

    とか

  • 1巻2010/10/07Posted by ブクログ

    裁判員の在り方と人間ドラマがいい感じに重なって非常に面白い。裁判員制度の分かりやすい解説付きなので、制度自体を理解した上で納得して読めた。

  • 1巻2016/10/04かくたす
    裁判員制度を知るには最適

    家裁の人、の原作者の毛利甚八氏(2015年逝去)の関連から、同じ作画の方ということで積ん読しており、最近になって通読しました。
    弁護士の監修解説のもと、選任された一般市民が裁判官とともに裁判に参加し人...

    続きを読む
開く

セーフモード