【最新刊】花嫁は絶体絶命

花嫁は絶体絶命

ルイーズ・アレン 翻訳:石川園枝

770円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    キャサリンの弟は無類の博打好きだった。借金に借金を重ね、家を無断で売り払い、とうとう姉の名で金を借りた。二週間以内に五千ポンドを返せなければ、私は投獄される。途方に暮れるキャサリンは、弁護士から思いもよらない助言を受けた。“死刑囚と結婚すれば借金は帳消しになる”――その法律を逆手にとって、死刑囚と形だけの結婚をすればいいという。年寄り貴族の愛人になるくらいなら、そのほうがましかもしれない。彼女は同意し、監獄で髭ぼうぼうのむさ苦しい男と対面した。ブラック・ジャック・スタンドン。追いはぎの首領だ。けれど、手枷を外された男が髭を剃って身なりを整えると、そこには優雅な物腰の目をみはるような美男子が現れた。

    続きを読む
    提供開始日
    2009/06/11
    連載誌/レーベル
    ハーレクイン・ヒストリカル

    レビュー

    レビューコメント(2件)
    • 花嫁は絶体絶命
      2013/04/27

      いや、これはもう、なんと言っていいか。
      超私好みな作品だった。
      もうドストライク。

      背景も設定も
      ヒロインもヒーローも細部に渡るまで
      ほうっと(良い意味での)溜息出まくりな作品だった。

      いいね。
      ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 花嫁は絶体絶命
      2014/10/17

      イマージュかと思うピュアなヒストリカルだった(笑)侯爵我慢我慢だったなぁ。舞踏会に呼ばれてた若い弁護士が最後に爆弾落とすんじゃないかと思ったけど酔っ払ってヒーロー弟と意気投合!?←いや、変な意味じゃな...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード