緋翔伝~幾千の月のかけら~ 2巻

夢来鳥ねむ

440円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

    平安中期の陸奥の国、夏木はまだ人間で櫟(れき)という名前を持っていた。マタギの祖父と2人で暮らしていた12歳の櫟は、ある日、体の弱い陸奥守様の御姫君・瑞穂姫の子守役に選ばれる。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード