【最新刊】愛人という罰

愛人という罰
1冊

マーガレット・メイヨー 翻訳:青海まこ

648円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

最新刊を購入

カゴに追加

シモーヌが両親から受け継いだレジャー用船舶チャーター会社は、資金不足のため、今まさに破産に直面していた。もとはといえば、父がギャンブルに会社の金を使い込んだからだ。しかし病身の母のために、シモーヌはなんとか会社を救いたかった。そんな彼女の前に、かつての恋人ケイドが現れる。彼は五年前、シモーヌの父に投資し巨額の金をだまし取られた。その計画にシモーヌもかかわっていたという父の嘘を信じ、実業家として成功した今、復讐してやろうと近づいてきたのだ。ケイドはシモーヌの会社に多額の資金を出資すると持ちかける。条件は、シモーヌが彼の愛人になることだった。

続きを読む

レビュー

3
1
5
0
4
0
3
1
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2012/07/05Posted by ブクログ

    ヒロインの父親がヒーローを騙し嘘をついたせいで二人は別れた。5年後破産寸前のヒロインの会社を助けてやるかわりにヒーローが出した条件は…愛人。
    復讐に夢中のはずのヒーローがヒロインに夢中になるのが楽しか...

    続きを読む

セーフモード