【完結済み】春秋の檻 獄医立花登手控え (一)

獄医立花登手控え

完結

藤沢周平

649円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    江戸小伝馬町の牢獄に勤める青年医師・立花登。居候先の叔父の家で口うるさい叔母と驕慢な娘にこき使われている登は、島送りの船を待つ囚人からの頼みに耳を貸したことから、思わぬ危機に陥った――。起倒流柔術の妙技とあざやかな推理で、獄舎に持ちこまれるさまざまな事件を解く。著者の代表的時代連作集。

    続きを読む
    提供開始日
    2009/04/03
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫
    出版社
    講談社/文芸
    ジャンル
    文芸
    • 獄医立花登手控え 全 4 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      獄医立花登手控え 全 4 巻

      2,585円(税込)
      25pt獲得

    レビュー

    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      獄医立花登シリーズを4巻続けて再読し、藤沢周平の世界をたっぷりと堪能した。
      柔術の使い手にして、牢医者というユニークな生業の青年を主人公に、捕物帖と市井小説を融合したこのシリーズは、小説名手の著者なら...

      続きを読む
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      テレビドラマの放映を機に、17年ぶりの再読。
      22歳の青年獄医立花登が、牢内の囚人たちからの頼み事を引き受けながら、様々な事件を解決してゆく。捕物帖の体裁をとって、人生の悲哀、人情の機微を巧みに描いて...

      続きを読む
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      シリーズ第2巻。5話収録。
      この巻では同じ道場の新谷弥助の顛末が冒頭から最終話まで語られる。また1巻で同様に語られたおちえだが、2巻では登のおちえに対する心象も変わってきて読んでて飽きさせない。
      5話...

      続きを読む
    開く

    セーフモード