【完結済み】天は赤い河のほとり 1巻

1995年から2002年まで、「少女コミック」にて連載され、社会現象を巻き起こした古代ロマン。累計2,000万部を突破し、2018年3月に宝塚歌劇団にて舞台化。

天は赤い河のほとり

完結

28冊

篠原千絵

462円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

夕梨(ユーリ)はごく普通の中学生。楽しいデートの最中にいきなり水たまりのなかに引きずり込まれてしまう。目が覚めたところは、古代ヒッタイト帝国。皇妃の謀計のために、時空を超えていけにえとして連れてこられたのだ。皇妃に命を狙われるユーリは、危ないところを皇子・カイルに助けられ、側室としてカイルの宮にかくまわれる。なんとかして、日本に戻りたいユーリだが…!?

続きを読む
ページ数
189ページ
提供開始日
2009/02/27
連載誌/レーベル
少コミ
出版社
小学館
ジャンル
少女マンガ
  • 天は赤い河のほとり 全 28 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    天は赤い河のほとり 全 28 巻

    12,936円(税込)
    129pt獲得

レビュー

4.4
166
5
100
4
39
3
26
2
1
1
0
レビュー投稿
  • ネタバレ
    2020/02/22+
    改めて読もうかな

    この内容にはネタバレが含まれています
  • 2019/04/21Posted by ブクログ

    黒太子とは綺麗に決着がついたかと思うと,新たにエジプト編スタート.最後の数ページにショック!すぐ次読まなくちゃ.

  • 2019/03/03Posted by ブクログ

    大筋の流れはとても面白いのだけど,ティトのお姉さんたちのあまりにも簡単に引っかかるところとか,ちょっとあり得ない感じが雑だ.

開く

セーフモード