柔道の歴史 嘉納治五郎の生涯 (5) 躍進編

原作:橋本一郎 画:作麻正明 監修:講道館

432円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

    講道館は発展の一途をたどり、入門者数も明治42年頃までには一万人を超すまでになった。その頃最も話題になった試合は、京都武徳大会で行われた、徳之島生まれの豪勇・徳三宝と、関西柔道界の麒麟児・田畑昇太郎の一戦であった。大歓声のなか、磯貝一審判の掛け声によって、いよいよこの世紀の三本勝負の火ぶたが切って落とされた。

    続きを読む
    • 柔道の歴史 嘉納治五郎の生涯 全 6 巻

      未購入巻をまとめて購入

      柔道の歴史 嘉納治五郎の生涯 全 6 巻

      2,592円(税込)
      25pt獲得

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード