弐十手物語 1巻

作:小池一夫 画:神江里見

440円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

将軍の息子であるという天一坊が、証拠の品を持って江戸に乗り込んでくる。しかし、偽者を将軍に会わせたとあっては一大事。そこで大岡越前は、天一坊がほんものか偽者か判定する役に、その気性の激しさから「狼の睾丸(ふぐり)」と噂される飯伍(はんご)を抜擢した……。同心の藤掛飯伍と配下の由造、そして鶴次郎が南町奉行所を舞台に暴れまくる人情味あふれる捕物帖。名コンビ入魂の力作!

続きを読む
  • 弐十手物語 全 110 冊

    未購入の巻をまとめて購入

    弐十手物語 全 110 冊

    48,400円(税込)
    484pt獲得
新刊を予約購入する

レビュー

レビューコメント(5件)
  • 2021/03/17
    正統派時代劇

    本格的で重厚な正統派時代劇。長所も短所もこの言葉で表現できてしまう。
    大長編作品ではあるが、連作短編の形をとっているのでどこからでも読めるし、どこで読むのをやめても良い。ずいぶん読みやすい作品である。...

    続きを読む
    名称未設定 さんのレビュー
  • 2021/03/21

    連載25年 圧巻のボリューム110冊
    死ぬまでに読み終われるかなあ?

    鶴次郎のキョロッとした目ン玉が愛嬌あって好きでした

    匿名 さんのレビュー
  • 2021/03/21
    いいとおもう

    作者の繊細さが伝わってくる。
    なかなかいい話がよく伝わって次が読みたくなった!

    匿名 さんのレビュー
他のレビューをもっと見る

セーフモード