【最新刊】名探偵夢水清志郎事件ノート (13) 『ミステリーの館』へ、ようこそ <後編>

名探偵夢水清志郎事件ノート

原作:はやみねかおる まんが:えぬえけい

462円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

マジックの舞台は、現実世界(リアル)……。天才奇術師による密室トリック、ついに解明!!幻夢王(げんむおう)のマジックで、夢水(ゆめみず)たちの前から消えてしまった夫人……。さらに、「第2のトリックは脱出マジック」という予告がやってくる。華麗なトリックの裏に隠された闇がうかびあがるとき、夢水と幻夢王、宿命の邂逅が――!?

続きを読む
ページ数
161ページ
提供開始日
2013/09/13
連載誌/レーベル
なかよし
出版社
講談社
ジャンル
少女マンガ
  • 名探偵夢水清志郎事件ノート 全 13 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    名探偵夢水清志郎事件ノート 全 13 巻

    6,006円(税込)
    60pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

  • 2020/07/08Posted by ブクログ

    はやみねかおるの名探偵夢水清志郎事件ノートシリーズのコミックなんですけど。
    えぬえけいで漫画化はうれしすぎです。好きなんですえぬえけい。
    それにしても、夢水さんがこんなかわいくていいんですか?
    針金細...

    続きを読む
  • 2020/07/08Posted by ブクログ

    さて、後編。
    当たり前かもしれないですが、原作では袋とじになっていたところもしっかり描かれていて安心しました。
    いつもはのんびりしている教授が垣間見せる葛藤も夢水シリーズの魅力だと思うので、非常に良か...

    続きを読む
  • 2020/07/08Posted by ブクログ

    相変わらずぽけぽけとしていて頼りなさそうに見えますが…まるで未来を見てきたかのように語り、その未来が、その時代を住む人達が少しでも幸せになるように事件を解決していく教授を見ていると、どれだけその思いが...

    続きを読む
開く

セーフモード