徳川家康 (13) 侘茶の巻

山岡荘八

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    九州征伐に成功し、北野の大茶会で威を天下に示した秀吉は、小田原の北条氏攻略に着手、家康は先鋒を命じられた。同時に関東への転封を強いられ、家臣団は激怒する。怒りは家康にもある。しかし涙をのんで江戸へ移った。まさに関白秀吉の世、絢爛と桃山文化の花は咲き誇り、衰えを知らぬかに見えた……。

    続きを読む
    • 徳川家康 全 26 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      徳川家康 全 26 巻

      17,160円(税込)
      171pt獲得

    レビュー

    3.7
    11
    5
    1
    4
    6
    3
    4
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/01/11Posted by ブクログ

      家康が僻地だった江戸を領地とし、江戸の街づくりを始める決意をするところが、興味深い。これにより朝鮮出兵に兵を割かずにすんだとは。災い転じて福となす、ということか。

    • 2019/09/23Posted by ブクログ

      関八州に移封された家康。
      ついに、家臣たちの前で天下取りを宣言。
      今までは、秀吉と対立することを避け、秀吉に随従してきた家康。
      だが、その前に新しい領地、江戸を開拓することが先決。
      ここから、家康の天...

      続きを読む
    • 2019/05/16Posted by ブクログ

      淀殿の話~小田原征伐~千利休の破滅

      改めて読むと、歴史の流れを丁寧に描写している。
      徳川家康本人よりも、周囲を彩る登場人物の方がいきいきと描写されているのはこれまでどおり。

    開く

    セーフモード