徳川家康 (8) 心火の巻

山岡荘八

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    武田勝頼を甲斐天目山にほふった信長は、中国攻略中の秀吉の援軍にみずから出馬する。順風満帆、威風堂々。だがその目前に本能寺の罠が待ち受けていようとは。明智光秀の叛逆!盟友の死は泉州堺に遊んでいた家康にも最悪のピンチ襲来だ。家康は夜に日をついでただひらすら、三河への脱出をはかる。

    続きを読む
    • 徳川家康 全 26 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      徳川家康 全 26 巻

      17,160円(税込)
      171pt獲得

    レビュー

    3.8
    9
    5
    1
    4
    6
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/07/16Posted by ブクログ

      徳川家康、織田信長、豊臣秀吉、明智光秀の人生が大きく動き出す。
      人生の岐路に立ち、素早く、最良の判断ができるかによって、その人の運命は大きく変わる。
      それぞれの武将が、人生を賭けた判断を下す。
      四方八...

      続きを読む
    • 2019/03/13Posted by ブクログ

      天目山の武田家滅亡後、家康の安土城訪問~本能寺の変~山﨑の合戦を描いた巻。
      やはり主人公の家康以上に信長の描写がいききと描かれている。

    • 2017/08/21Posted by ブクログ

      本能寺の変を経て信長から秀吉へと対峙する相手が変わるという、家康にとって重要な時期だけに、かなりスペースを割いて、丁寧に描写されている。

      ただ、細川ガラシャ夫人のくだりはやや冗長なような...

    開く

    セーフモード