【最新刊】江戸前の旬 100巻

江戸前の旬

無料あり

100冊

作:九十九森 画:さとう輝

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

連載約20年の長期連載作品『江戸前の旬』、遂に100巻。20歳の旬は、まだ父・鱒ノ介の元で修業をはじめた寿司職人見習いだったが、40歳を迎えた旬は、引退した鱒ノ介の後を引き継ぎ、江戸前の心と技を未来に繋げる銀座を代表する寿司職人に成長している。100巻は、梅雨から夏のタネを中心に、伝統かつ独創的な寿司を愉しませてくれる。

続きを読む
ページ数
210ページ
提供開始日
2019/10/18
連載誌/レーベル
ニチブンコミックス
  • 江戸前の旬 全 99 巻

    未購入巻をまとめて購入

    江戸前の旬 全 99 巻

    57,977円(税込)
    579pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

3.6
6
5
2
4
0
3
4
2
0
1
0
レビュー投稿
  • ネタバレ
    2017/08/05Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • 2017/08/05Posted by ブクログ

    勉強になる漫画。
    ・鯛が結婚式で使われる本当の理由
    ・江戸前のアナゴ寿司の出し方
    ・上りガツオ下りガツオ
    ・コウイカとアオリイカの違い

    などなど。
    寿司屋の話なので魚のネタもつきてしまうのではないか...

    続きを読む
  • 2011/05/13Posted by ブクログ

    この主人公の仕事に対する姿勢、人への接し方、謙虚さなどを見ていると、コンサルタントとして目指すべき姿ってこんな感じなのかも?って思えます。主人公が自分と同じくらいの年齢だからかも知れません。あと、魚や...

    続きを読む
開く

セーフモード