愛の革命

ポーラ・マーシャル 翻訳:正岡桂子

770円(税込)

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    准男爵のネヴィルは意気消沈していた。よい妻になりそうな女性に求婚したのに、また断られてしまった。それもこれも、僕が退屈で堅物な男と評されるせいだ。そんなある日、彼はパーティで一人の女性に引き合わされた。つややかな黒髪と、まるでキスを誘っているかのような唇。その女性が奔放と噂されるダイアナだと聞き、ネヴィルは驚いた。ネヴィルにダンスに誘われ、ダイアナは思わず同意した。華麗な動きで彼女をリードするハンサムな男性は、真面目すぎてやぼったいと評判の准男爵とはとても思えない。だが私には恋をする資格はない――あの秘密があるかぎり。

    続きを読む

    レビュー

    4.5
    2
    5
    1
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/06/22Posted by ブクログ

      ダイアナはお利口さんで闊達で最初から最後まであまり変わらないんだけど、ネヴィルが堅物でひねくれた人物から経験を通して変わっていく様が大変楽しい。
      やりてのヒロインがこのひとの作風なのかな。よいことです...

      続きを読む
    • 2011/09/03Posted by ブクログ

      表紙と題名に騙されて読まないでいるのは勿体無いです。ロマンス小説ではありますが、かなり面白い時代小説です。

    セーフモード