許されぬ花嫁

アマンダ・ブラウニング 翻訳:結城玲子

660円(税込)

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ソフィが夫ルーカスと蜜月を過ごしていたある日、彼が見知らぬ女性を抱きしめている写真が送られてきた。まさかルーカスが私を裏切るわけはない。不安にさいなまれつつ、ルーカスの出張先のホテルへ電話をすると、女性の声が応答し、ソフィの心は砕け散った。それきり彼女はルーカスの元を去り、六年間、名前も隠して別の地で暮らしてきた。だが今、目の前にルーカスが立っていた。冷ややかな言葉のはしばしに抑えきれぬ怒りをたたえて。

    続きを読む

    レビュー

    3.3
    3
    5
    1
    4
    0
    3
    1
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2013/01/22Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2008/10/10Posted by ブクログ

      ソフィが夫ルーカスと蜜月を過ごしていたある日、彼が見知らぬ女性をだきしてめている写真が送られてきた。
      まさかルーカスが私を裏切るわけはない。
      不安にさいなまれつつ、ルーカスの出張先のホテルへ電話をする...

      続きを読む
    • 2008/10/05Posted by ブクログ

      ヒーローの浮気を疑って勝手に逃げ出したヒロイン。逃げ出した理由が希薄。ストーカーのことがトラウマになってというだけじゃ説得力に欠けるし、妊娠をヒーローに伝えられなかったことを、そんなに悔やむなら逃げな...

      続きを読む

    セーフモード