遥かなる心

リンダ・ラエル・ミラー 翻訳:佐野晶

660円(税込)

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    我が子をこの手で抱けるかもしれない──やむを得ず手放した息子との再会を前にして、モリーは高まる期待を必死に抑えつけた。そもそも息子の養母は私の顔も見たくないはずなのに、なぜ招いたのだろう……。邸宅を訪れると、養母は不治の病に冒されており、思いがけず温かく迎えてくれる。だが養母の親しい友人、キーガン・マッケトリックはかつて一度会っただけのモリーを見るや否や、今すぐ町から出ていけと言い放った。彼女が息子を奪い返そうとしていると決めつけて。頭ごなしに侮辱され、モリーは激しい怒りに身を震わせた。

    続きを読む

    レビュー

    3.3
    3
    5
    0
    4
    1
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2016/08/18Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2010/03/16Posted by ブクログ

      図書館の本

      内容(「BOOK」データベースより)
      我が子をこの手で抱けるかもしれない―やむを得ず手放した息子との再会を前にして、モリーは高まる期待を必死に抑えつけた。そもそも息子の養母は私の顔も見た...

      続きを読む
    • 2008/09/26Posted by ブクログ

      我が子をこの手で抱けるかもしれない―やむを得ず手放した息子との再会を前にして、モリーは高まる期待を必死に抑えつけた。そもそも息子の養母は私の顔も見たくないはずなのに、なぜ招いたのだろう…。邸宅を訪れる...

      続きを読む

    セーフモード