河内残侠伝 軍鶏 11巻

篠原とおる

330円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

3年間のアメリカでの警察機構の研修を終え、父の墓参りに大阪へ戻った岩瀬朝。八尾の侠客・岩瀬駒吉のひとり娘であった彼女は、父の死の謎と残された無念のメッセージに気づく。そして父の土地だった奥大和に一大プロジェクトを計画し、警察や政治家ともつながっている天の川物産という存在にたどりつく。朝は記者・瀬川とともに奥大和の建築物に潜入し、核施設だという証拠写真を撮るがすべて奪われてしまう。復讐を企てた朝は助っ人の安次と、鐙会本部へ乗り込んで天の川物産社長・宮川を拉致するが、宮川が異母姉妹と知って逃がしてしまう。そして新たな刺客・冬樹が現れる…。

続きを読む
  • 河内残侠伝 軍鶏 全 14 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    河内残侠伝 軍鶏 全 14 巻

    4,620円(税込)
    46pt獲得

レビュー

まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

レビュー投稿

セーフモード