男樹四代目 4巻

完結

本宮ひろ志

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

崇和連合の幹部メンバー一新を図った大友龍次は、旧幹部と若松勝成から命を狙われていた。そんななか勝成が大友の妻と娘を人質に、大友のマンションに立て籠もる。すぐに自宅に向かう大友だったが、「てめえの命は俺を守る為に生まれて来たんだ!!俺の命が乗っかてるんだ……そいつを一時たりとも忘れるんじゃねえ」という村田京太郎からの電話に、その思いを胸にしまい込む。『新・男樹』から紡がれてきた村田京太郎の極道としての生きざまが、ここに結実。壮絶なる男達の戦いの行く末を刮目せよ。

続きを読む
  • 男樹四代目 全 4 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    男樹四代目 全 4 巻

    2,200円(税込)
    22pt獲得

レビュー

3
1
5
0
4
0
3
1
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2009/04/18Posted by ブクログ

    全4巻
    これで男樹も完全に終わりか・・最後は無性に悲しくなってしまった!思った以上に読んでいくうちに村田親子に思い入れしていたみたい・・。それにしても京介の死に方は気に食わない。京子ももっと四代目っぽ...

    続きを読む

セーフモード