新編忠臣蔵 (一)

吉川英治

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    血をみてはならぬ殿中で、内匠頭が上野介めがけて腰の小刀を一閃したとき、赤穂藩五万三千石は音もなく崩れた。太守は即日切腹、城は明け渡し。三百の藩士とその家族の驚愕と困惑。それは突如として襲う直下型の激震にも似ていたが、強烈な余震はまた世人を驚倒させた。――四十七士の吉良邸討入りである。赤穂事件を題材とした書は古来多い。そのなかに著者は「昭和定本」としての用意と情熱をもって描きあげたのが、この書である。

    続きを読む
    • 新編忠臣蔵 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      新編忠臣蔵 全 2 巻

      1,320円(税込)
      13pt獲得

    レビュー

    4.5
    2
    5
    1
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/10/30Posted by ブクログ

      何となく知っていた忠臣蔵をきちんと知りたいと思い、たくさんある中で吉川英治を選んだ。
      書き出しがとてもよかった。
      しかし、やはり47士は多すぎて、浅野内匠頭、大内内蔵助、その息子、それと吉良上野介、以...

      続きを読む
    • 2011/06/06Posted by ブクログ

      忠臣蔵の話はよく知っていたが、知識として知っていただけで面白いと思ったのは本書を通してである。忠臣蔵って、面白いな。

    セーフモード