【最新刊】かんかん虫は唄う

かんかん虫は唄う
1冊

吉川英治

756円(税込)
ポイント 7pt

通常ポイント:7pt

かんかん虫とは、ドック入りした船のサビ落としをする港の自由労働者。かんかん虫のトム公は、14歳ながら札つきの不良少年。しかし、曲がったことは大嫌い。彼が傲慢な金持ちを憎むのは、相応の理由があった。少年時代の横浜の見聞をもとにした「かんかん虫は唄う」は、自伝的要素に満ちた異色作。必死に生き抜くお島母子に、幼き日の著者のおもいがこめられた「色は匂えど」を併録。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

セーフモード