親鸞 (二)

吉川英治

715円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    大盗天城四郎の魔手から玉日姫を救い出したのは、範宴である。その日から範宴はもの想う人となった。甘ずっぱい春の香りは、払えども払えども、範宴を包む。禁断の珠を抱いて、範宴はみずからおののく。京の夜を煩悩に迷い狂う範宴!追い討つように、山伏弁円は彼に戦いを挑む。信仰の迷いに疲れた範宴は、このとき法然を知る。奇しき法然との出会い。親鸞の大転機であった。

    続きを読む
    • 親鸞 全 3 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      親鸞 全 3 巻

      2,035円(税込)
      20pt獲得

    レビュー

    5
    1
    5
    1
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2008/08/24Posted by ブクログ

      僧でありとて、人である。
      では、人としての性(サガ)を全うし、悟りへの道はないのか・・・。
      そんな、愛に悩み、人間の本質をとことん突き詰め、出した男の結論とは・・・。

      (本文より)
      「つきは濁池に宿...

      続きを読む

    セーフモード