誇り高き血

リンダ・ラエル・ミラー 翻訳:佐野晶

660円(税込)

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    インディアン・ロックに越してきたばかりのエコーは、隣人の孫娘の誕生パーティーに招待されて、ためらいをおぼえた。子供たちの父親──ランス・マッケトリックは、エコーが町に着いて早々ちょっとした諍いをした相手なのだ。とびきりハンサムなことを差し引いても、彼の印象は最悪だ。だが妻を亡くしてから仕事三昧のランスは、今夜も出張で顔を見せないとわかった。安心したエコーがパーティーを楽しみ始めたとたん、空にヘリコプターが現れ、ランスが駆けつけた。そして輝くような笑みを浮かべ、まっすぐ彼女に向かってきた。

    続きを読む

    レビュー

    3.2
    4
    5
    0
    4
    1
    3
    3
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2016/08/18Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2010/04/02Posted by ブクログ

      図書館の本

      内容(「BOOK」データベースより)
      インディアン・ロックに越してきたばかりのエコーは、隣人の孫娘の誕生パーティーに招待されて、ためらいをおぼえた。子供たちの父親―ランス・マッケトリック...

      続きを読む
    • 2009/11/05Posted by ブクログ

      幼い子供が二人に、かわいい犬まで出てくるのが
      何ともいいなぁ~~~。
      ちょっと解らないのが、ヒロインのエコーは
      どうして、もう一つの名前を最後まで教えなかったんだろう?

    開く

    セーフモード