新書太閤記 (七)

吉川英治

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    天正十年春、信長は得意の絶頂にあった。東方の脅威だった武田氏はわが蹂躙に沈み、天下統一の道は西国を残すのみ。その西国も、秀吉が高松城を包囲し、着々戦果を挙げていたが、救援毛利勢の動き如何では、覇業に頓座をきたすとも見えた。かくて信長出陣。だが出陣にも似ぬ軽装は、信長一期の不覚といえた。運命の本能寺!鞭を揚げて東を指したのは、逆臣光秀であった。

    続きを読む
    • 新書太閤記 全 11 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      新書太閤記 全 11 巻

      7,260円(税込)
      72pt獲得

    レビュー

    3.6
    3
    5
    1
    4
    0
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/05/19Posted by ブクログ

      本能寺の変により、織田信長が明智光秀に討たれる。
      これにより、日本が大混乱に陥る。
      誰が天下を取るか。
      光秀、家康、秀吉。
      それぞれが、それぞれの思惑により、勇躍する。
      いよいよ、秀吉の天下取りの物語...

      続きを読む
    • 2007/01/06Posted by ブクログ

      天正10年春、信長は得意の絶頂にあった。東方の脅威だった武田氏はわが蹂躪に沈み、天下統一の道は西国を残すのみとなった。その西国も、秀吉が高松城を包囲し、着々戦果を上げていたが、救援毛利勢の動き如何では...

      続きを読む
    • 2006/10/22Posted by ブクログ

      天正10年春、信長は得意の絶頂にあった。東方の脅威だった武田氏はわが蹂躪に沈み、天下統一の道は西国を残すのみとなった。その西国も、秀吉が高松城を包囲し、着々戦果を上げていたが、救援毛利勢の動き如何では...

      続きを読む

    セーフモード