【完結済み】新書太閤記 (一)

新書太閤記

完結

12冊

吉川英治

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    動乱の中世に終止符を打ち、新世紀を開いた豊臣秀吉の生涯を描く、規模雄大な出世物語。民衆の中に伍してゆく英雄として、秀吉は古来、誰からも愛されてきた。――奔放な少年時代を過ごした日吉が、世間を見る眼も肥え、生涯の主君として選んだのが、うつけで知られる織田信長。随身を機に名も木下藤吉郎と改め、着実に出世街道を歩んでいく。

    続きを読む
    提供開始日
    2008/08/22
    連載誌/レーベル
    吉川英治電子文庫
    • 新書太閤記 全 11 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      新書太閤記 全 11 巻

      7,260円(税込)
      72pt獲得

    レビュー

    3.3
    39
    5
    4
    4
    7
    3
    27
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/11/25Posted by ブクログ

      ものすごく、中途半端な所で終わっていて、モヤモヤしてしまう。
      巻が進むごとにトーンダウンしていくのが分かった。
      吉川英治の作品の中では、いまいちだった。

    • 2019/11/10Posted by ブクログ

      次巻で最終巻だが、どこで終わりになるのか。
      このままだと恐らく、秀吉が天下を取った所なのか。
      面白いだけに、秀吉の生涯を描いてほしかった。

    • 2019/09/08Posted by ブクログ

      勝って兜の緒を締めよ。
      戦に勝った勢いで、そのまま進むか。
      慎重に進んでいくか。
      難しい局面での素早い判断が運命を決する。
      賤ヶ岳では、秀吉と勝家のどちらに軍配が上がったのか。
      秀吉は、天下統一への道...

      続きを読む
    開く

    セーフモード