薬師寺涼子の怪奇事件簿 (4) 巴里・妖都変(前編)

原作:田中芳樹 漫画:垣野内成美

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

ソルボンヌで開催される特別講義に出席するため、フランスに来た薬師寺涼子(やくしじ・りょうこ)。もちろんお付きの泉田準一郎(いずみだ・じゅんいちろう)も一緒。早速、空港で奇怪な生物による殺人事件に遭遇したお涼は、殺された老人が日本の巨大ハイテク企業「アルゴ」総支配人のお抱え料理人と知り、がぜんやる気に!公務そっちのけで、いきなりアルゴに乗り込んだ!!偶然にもフランスに来ていた室町(むろまち)警視と部下・岸本(きしもと)とともに、コスプレイベントも満喫!

続きを読む
  • 薬師寺涼子の怪奇事件簿 全 21 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    薬師寺涼子の怪奇事件簿 全 21 巻

    13,860円(税込)
    138pt獲得

レビュー

5
2
5
2
4
0
3
0
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2010/08/27Posted by ブクログ

    原作(http://blogs.dion.ne.jp/kentuku902/archives/2998851.html)

  • 2010/08/21Posted by ブクログ

    パリへの出向。パリの空港で老人の奇怪な死。小さな動物に脳みそを吸われる。アルゴ・グループの秘密。霊能者・花園スミレの正体。

  • 2006/01/27Posted by ブクログ

    田中芳樹の同名小説『東京ナイトメア』の漫画化。原作のイメージを裏切らずにコミックス化されている稀な作品。後編です。

開く

セーフモード