鳴門秘帖 (二)

吉川英治

814円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    隠密の掟ゆえに、お千絵と弦之丞の恋は許されようもない。といって、お千絵に執拗につきまとう旅川周馬の邪恋は迷惑至極。弦之丞も家を捨て恋を捨て、一管の竹に漂泊の旅を重ねるが、お千絵への思いはきっぱり絶っているだろうか。その弦之丞に、阿波二十五万石の存立にかかわる隠密の命令が下る。無論、阿波藩士が手を拱いて待っている訳がない。弦之丞を取り巻く蜘蛛手の網。

    続きを読む
    • 鳴門秘帖 全 3 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      鳴門秘帖 全 3 巻

      2,442円(税込)
      24pt獲得

    レビュー

    レビューコメント(3件)
    • 2014/11/02
      ネタバレ
      この内容にはネタバレが含まれています
      Posted by ブクログ
    • 2015/01/13

      大正15年、つまり昭和元年に書かれたとは思えないくらい楽しい隠密時代モノ。
      常にヒーローの会話が阿波の敵方に盗み聞きされるのが不思議なんだけど、とにかく話にスピードがあるし、少しくらい読み飛ばしても話...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2013/11/22

      合間合間に読んでいたら、登場人物も増えたり状況が入り乱れたりして、よくわからなくなってきたが、悪役の3バカ(天堂、十夜、旅川)のキャラが立ってるなあと思う。

      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード