宮本武蔵 (三)

吉川英治

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    吉岡清十郎と雌雄を決す!武蔵の年来の宿望は、ここに実現の運びとなった。時、慶長十年正月九日。場所は京都・蓮台寺野。もし武蔵が勝てば、その名声は京畿を圧するだろう。――武蔵は思いのままに戦い、勝利をおさめたが、彼の得たものは、心の虚しさでしかなかった。一方、蜂の巣を突いたような吉岡一門から、一門きっての暴れん坊、吉岡伝七郎が鎌首をもたげてきた。

    続きを読む
    • 宮本武蔵 全 8 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      宮本武蔵 全 8 巻

      5,280円(税込)
      52pt獲得

    レビュー

    4
    18
    5
    5
    4
    8
    3
    5
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/01/04Posted by ブクログ

      脇役に光が当てられている三巻。
      武蔵とすれ違い、人生を翻弄されている、お通、朱美、お杉婆の三人。
      武蔵は、ひたすらに剣の道を究めんとする。
      そのストイックな姿勢が万人の支持を得ているのではないだろうか...

      続きを読む
    • 2018/07/06Posted by ブクログ

      映画化・ドラマ化・漫画化など、様々なかたちで紹介されてきた大人気歴史小説の第三巻。ここでは武蔵を追いかけている二人の女に焦点を絞ったエピソードが多く、やや中だるみしたような印象を受けた。

    • 2017/07/07Posted by ブクログ

      「『われ事において後悔せず』何事にも自分の為したことは、後悔をしないというような高い境地へまで到達するには、まだまだこの身を、この心を不断に鍛え抜かなければ及ばない。」

      第3巻の武蔵の心情を表すもの...

      続きを読む
    開く

    セーフモード