【完結済み】宮本武蔵 (一)

宮本武蔵

完結

吉川英治

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    野に伏す獣の野性をもって孤剣をみがいた武蔵が、剣の精進、魂の求道を通して、鏡のように澄明な境地へ達する道程を描く、畢生の代表作。若い功名心に燃えて関ケ原の合戦にのぞんだ武蔵(たけぞう)と又八は、敗軍の兵として落ちのびる途中、お甲・朱実母子の世話になる。それから一年、又八の母お杉と許嫁のお通が、二人の安否を気づかっている作州宮本村へ、武蔵は一人で帰ってきた。

    続きを読む
    提供開始日
    2008/07/25
    連載誌/レーベル
    吉川英治電子文庫
    • 宮本武蔵 全 8 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      宮本武蔵 全 8 巻

      5,280円(税込)
      52pt獲得

    レビュー

    • 2013/06/26Posted by ブクログ

      「志賀寺の上人でさえ、同じ血をもっていた。法然の弟子親鸞も、同じ煩みを持っていた。古来、事を成す人間ほど、生きる力の強い人間ほど、同時に、この生まれながら負って来る苦しみも強く大きい。」

      「『ああ...

      続きを読む
    • 2013/06/26Posted by ブクログ

      「そこで吉野が説明していうには、この扇屋の囲いの中にある牡丹畑は、扇屋の建つよりもずっと以前からあるもので、百年以上も経った牡丹の古株がたくさんある。その古株から新しい花を咲かせるには、毎年、冬にかか...

      続きを読む
    • 2013/06/26Posted by ブクログ

      「よく強がった侍が、念仏のようにいう、必死とか、覚悟などという言葉も、武蔵の考えからすると、取るに足らないたわ言のように思える。
      およそ人なみの侍が、こういう場合に立ち至った時、必死になることなどは...

      続きを読む
    開く

    セーフモード