罪なプロポーズ

クリスティン・リマー 翻訳:神純子

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    シャーリーンには、どうしても許せない男性がいた。十年前、両親を亡くした彼女を見捨てた元恋人のブランドだ。彼に結婚を断られたために、シャーリーンは裁判に敗れ、幼い妹シシーの監護権は冷酷な叔母夫婦に奪われてしまった。そして妹は今や、身勝手で反抗的な娘に成長している。ある朝、仕事に出かけようとしたシャーリーンは、ソファに赤ん坊が寝かされているのを見つけて驚愕した。置き手紙によると、シシーがひそかに産んだ子らしい。だが、シャーリーンの目は手紙の一節に釘づけになっていた。「この子の父親はブランドよ」

    続きを読む

    レビュー

    3
    2
    5
    0
    4
    0
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/12/17Posted by ブクログ

      17歳の時に両親が亡くなり、幼い妹を引き取る為に恋人だったヒーローに結婚を申し込むも断られたヒロイン。
      十年後、妹がヒーローの子だという赤ちゃんと置き手紙を残して居なくなってしまう。

      十年間ヒーロー...

      続きを読む
    • 2012/06/27Posted by ブクログ

      十年前に別れた二人が、ヒロインの妹とその娘によって、また対面する。
      こうした復縁はやっぱり過去の切なさと未来への希望に大きく感動が膨れる。
      あと、脇役の叔母さんが好きになったw

    セーフモード