運命のバルセロナ

ルーシー・モンロー 翻訳:中野かれん

660円(税込)

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    エリーが青年実業家のサンドルと交際を始めて三カ月がたつ。彼はデートの最後に官能的なおやすみのキスをするものの、なぜかそれ以上の関係に進もうとしない。先を促そうとするエリーのほのかなヒントも無視されつづけてきた。ところが彼は、ある夜のディナーのあとで、妻になってほしいと唐突なプロポーズをしてきた。愛しているという言葉もないままに。サンドルは、海運王と呼ばれるエリーの父と仕事上の取り引きがある。彼が本当に求めているのは私自身?それとも富豪の娘という立場?戸惑いのあまりエリーは、これ以上ないほど不器用な返答をしてしまう。

    続きを読む

    レビュー

    4
    2
    5
    0
    4
    2
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2014/05/28Posted by ブクログ

      生き別れになった姉妹のシリーズの二部作。
      鬼ロマです。前半は、彼との出会いと献身的な愛が育つまで、後半は、彼の誤解と、父と彼との契約を知っての、裏切りがキュンな展開となっております。
      ホットなロマンス...

      続きを読む
    • 2012/11/02Posted by ブクログ

      素直で一途なヒロインが良い。家族には捨てられた辛さを見せずにいる強さと優しさを持っている。複雑な家族の事情にもかかわらず、双子の姉エリーとの心と心の絆の強さ、ヒロインの愛情深さが皆をまとめる中心なって...

      続きを読む

    セーフモード