おせん 8巻

きくち正太

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

老舗料理屋「一升庵(いっしょうあん)」の隠れた才人・メシ炊き名人テル子さん。彼女の炊くお米は、みんなの心を幸せにする。それに惚れ込んだ人気料理雑誌の編集長とカメラマンは、彼女の実家の農家を訪れた。もちろん、おせんさんも一緒。昔ながらの手刈りに稲のわらごと干す天日干し、手間隙かけて育てたお米のおいしさ、「わら」の偉さをみんなにも思い出していただきやしょう!おせんの料理とおもてなしの心で、昔から生きる“和”の知恵、ご堪能くださいな。

続きを読む
  • おせん 全 16 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    おせん 全 16 巻

    8,580円(税込)
    85pt獲得

レビュー

4.5
4
5
2
4
2
3
0
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2009/11/03Posted by ブクログ

    レンタル。7巻からのお米さんは偉い、の続きと仲居重鎮しずさんの過去話と、スージーちゃんのハンバーグ作りの話。

    うーん、ちょっと登場人物の善人ぶりが鼻に付く巻かなあ。芯から善人って感じならばそうはなら...

    続きを読む
  • 2005/04/16Posted by ブクログ

    技か味か……先代女将の選択は、「客に伝わる味」を取った。その陰で、惚れ抜いた男への情と命を30年貫き育み続けた「をんな」は一人、娘とその伴侶と、惚れた男の味を噛み締め、娘は父を知った。

  • 2004/11/10Posted by ブクログ

    世の中が「スローライフ」だ「スローフード」だ言い出す前から、本当の料理やら骨董やらの薀蓄を盛りだくさんに書きつづけてたきくち正太。絵柄がまた全然スローライフじゃない色っぽさで大好きです。
    問題はこの「...

    続きを読む
開く

セーフモード