イティハーサ 1巻

水樹和佳子

440円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

人はなぜ神を求めるのか。約一万二千年前、人が神と接することのできた古代の日本。ある村に暮らす少年・鷹野(たかや)は、捨てられた赤子を拾った。赤子はとおこと名づけられ鷹野の妹として育てられた。とおこが七歳になったある日、村は邪悪な威神(いしん)の徒党に襲われる。生き残ったのは鷹野ととおこ、そして青年・青比古の3人。彼らは威神と対立する、亞神(あしん)の信奉者たちと出会い…――SF大河ロマン堂々開幕!!

続きを読む
  • イティハーサ 全 15 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    イティハーサ 全 15 巻

    6,600円(税込)
    66pt獲得

レビュー

4.7
13
5
11
4
1
3
1
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2017/10/17Posted by ブクログ

    全7巻読了。1986年~1997年にわたり掲載。人間の馬鹿さ、神の莫迦さ、宗教の脆さ…人も神も同列で描かれているため、宇宙のすべては一つである事に改めて気付かされる。つくづく全ての事柄や事象に光も闇も...

    続きを読む
  • 2017/06/07Posted by ブクログ

    1-7巻読了。

    自然はけして調和されることはない

    ゆらめきこそが自然だからだ

    水は流れて水となり

    風は吹いて風となる

    そしてまた人はゆらいで人となる

  • 2013/10/31Posted by ブクログ

    再読です。
    こうやって、時間をおいてから読むと以前は理解できなかったことがよく見えてきます。

    たとえば、この話がかなり細部まで作りこまれたうえでかかれたものだということは、もちろん以前も感じていたの...

    続きを読む
開く

セーフモード