【最新刊】夜ごとのシーク

夜ごとのシーク
1冊

シャロン・ケンドリック 翻訳:吉本ミキ

648円(税込)
ポイント 6pt

通常ポイント:6pt

最新刊を購入

カゴに追加

外交官の娘、ソレルは中東の国ハラスタンで育てられた。両親が早世したあとも、故国イギリスには戻らず、シークの補佐官マリクを後見人として、王宮で暮らしてきた。マリクのもとで過ごすうち、彼への尊敬の念は恋へと変わった。ところが、マリクはソレルを妹のようにしか思っていない。マリクが私の気持ちに応えてくれることは決してないだろう。苦しさに耐えかねたソレルは帰国する決意を固めた。自由な国で人並みに恋もしたいとマリクに言うと、彼はまるで嫉妬に駆られたように、憤然と切り返した。「それなら、まず私が手ほどきをしてやろう」

続きを読む

レビュー

4
1
5
0
4
1
3
0
2
0
1
0
  • 2010/09/04Posted by ブクログ

    外交官の娘ソレルは、中東の国ハラスタンで育てられた。両親が事故で亡くなったあともイギリスには戻らずシークの補佐官だったマリクを後見人として王宮で暮らしていた。そしてマリクのそばで暮らすうちに、彼への尊...

    続きを読む

セーフモード