ゴルゴ13 171巻

さいとう・たかを

607円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

細菌兵器の実験場として使われていた北極海の無人島をテロリストたちが占拠し、炭疽菌の実験を開始… 表題作『赤い五月の使命』他、2話(『TATTOO・刺青』『愚か者の銃』)を収録。【赤い五月の使命】細菌兵器の実験場として使われていた北極海の無人島をテロリストたちが占拠し、炭疽菌の実験を開始。ロシア政府はゴルゴにテロリストの殲滅を依頼するのだが… 【TATTOO・刺青】精密機器の不正輸出疑惑に関わった友人が事故死。その死に疑問を感じた新聞記者が取材を始めると刺青をした外国人に行き着く。男を追ってパキスタンに飛ぶが… 【愚か者の銃】銃規制法案推進派のマイアミ市長の妻が射殺され、自身も失意から自殺。銃規制に反対し市長と敵対していた男が射殺犯だった。それを知り市長の母はゴルゴとあう。

続きを読む
  • ゴルゴ13 全 196 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    ゴルゴ13 全 196 巻

    110,570円(税込)
    1,105pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

4.6
8
5
6
4
1
3
1
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2015/08/01Posted by ブクログ

    2015年8月1日読了。2001年に行われたゴルゴ13の読者投票により選ばれた13のエピソードが収録された、分厚い本。さすがにどの話も読みごたえがあり、ゴルゴの魅力を堪能できた。絶対狙撃不可能な状況を...

    続きを読む
  • 2012/06/24Posted by ブクログ

    会社の先輩の薦めで読み始めた。元々子供時代に処方箋薬局に置いてあって怖かった印象を持つ。さてリーダーズチョイスは入門にはうってつけというかそりゃ読者人気で選んだのだからハズレなわけがない。以後ブックオ...

    続きを読む
  • 2006/12/17Posted by ブクログ

    立ち読みでゴルゴの面白さを知ったら、まずはこの本を買って、更に読みたいと思った者が、単行本に挑戦すべし。

開く

セーフモード