ゴルゴ13 127巻

さいとう・たかを

576円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

経済危機に苦しむインドネシア。華人財閥の総帥が経営難の国産自動車会社を買収したが、その目的はロシアと結託し……ゴルゴへの依頼は、その目的の阻止だった。表題作「ティモールの蹉跌」他、全3話を収録。

続きを読む
  • ゴルゴ13 全 195 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    ゴルゴ13 全 195 巻

    109,877円(税込)
    1,098pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

4
1
5
0
4
1
3
0
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2012/08/23Posted by ブクログ

    表題作「ティモールの蹉跌」

    それまで初冬の風物詩として何気に聞いていた「ノーベル賞」に、「政治的意味・意図」が深く込められていることを教えてくれた作品。それとおじぎをするゴルゴも見もの(笑)。

セーフモード