【完結済み】キマイラ 1巻

キマイラ

完結

5冊

原作:戸田幸宏 漫画:八坂考訓

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    暴力団の若頭・薫(かおる)、ホテルグループの専務取締役・龍一(りゅういち)、報道番組のチーフプロデューサー・健次(けんじ)。不条理な現代社会の歯車として生き、それでも己をとりまく現状にやるせなさを感じていた3人は、15年前に亡くした友・良雄(よしお)の命日に再会する。そこで龍一は、腐った日本を変えるための“ある計画”を打ち明ける……!!――「この国に独裁者を誕生させる」。“資本”“メディア”“暴力”、3つのチカラによる腐敗した利権構造の破壊が始まる!!

    続きを読む
    ページ数
    247ページ
    提供開始日
    2008/03/07
    連載誌/レーベル
    モーニング
    出版社
    講談社
    ジャンル
    青年マンガ
    • キマイラ 全 5 巻

      未購入巻をまとめて購入

      キマイラ 全 5 巻

      3,300円(税込)
      33pt獲得

    レビュー

    5
    1
    5
    1
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2011/12/23Posted by ブクログ

      選挙活動での足の引っ張り合い。頭にあるのはより良い未来ではなく、どうすれば当選出来るか。相手を蹴落とせるか。
      「あんなに楽しそうに選挙をしている
      人間たちを久しぶりに見たな…」

    • 2011/12/23Posted by ブクログ

      選挙の裏側の潰し合い。国民のために、という言葉とは裏腹に、実際は私利私欲に走る立候補者達。国民は一体誰を信じればいいのか。
      星野の真っさらな心と人格が人々の前に立ち上がる。

    • 2011/12/22Posted by ブクログ

      シロの星野国義としての洗脳が、人格が動き出した。少し感情が不安定で、見ている方がいつか暴走するんじゃないかとドキドキ。
      政治のどす黒い裏の顔がいっぱい。

    開く

    セーフモード