【完結済み】うしおととら 1巻

第37回「小学館漫画賞」受賞。1997年「星雲賞」受賞。1990~1996年「週刊少年サンデー」にて連載された、藤田和日郎による妖怪冒険ファンタジー。2015年TVアニメ化。

うしおととら

完結

33冊

藤田和日郎

462円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

蔵の中に、500年も閉じこめられていた妖怪。ヤツはその昔、人を食い、悪業の限りを尽くしていた。ひょんなことからヤツを解き放ったのが、蒼月潮(あおつきうしお)。うしおはヤツにとらと名づけた……。うしおととらの伝説が、いま、幕を開ける!

続きを読む
ページ数
191ページ
提供開始日
2008/03/07
連載誌/レーベル
少年サンデー
出版社
小学館
ジャンル
少年マンガ
  • うしおととら 全 33 巻

    未購入巻をまとめて購入

    うしおととら 全 33 巻

    15,246円(税込)
    152pt獲得

レビュー

4.6
52
5
44
4
2
3
4
2
1
1
1
レビュー投稿
  • 2019/10/14匿名
    3巻くらいまで

    は、面白くないです。絵もストーリーも雑で勢いで進めている感じです。会話自体が雑なので何故?と思うところも多数。中盤辺りまでいくと、こなれてきた感じで読みやすくなっていきます。
    ただ基本的に全巻通してス...

    続きを読む
  • 2019/01/11Posted by ブクログ

    再読 代表最終巻
    全体を通してみると
    うしおはマッチ売りの少女を照らし暖める太陽であり
    わかりやすい英雄であるため齟齬を感じるのだが
    作者の熱意が隅々まで正しく有効に表された仕組みは間違っておらず
    ...

    続きを読む
  • 2018/12/09Posted by ブクログ

    再読 33巻は登録済みなので今回は32巻
    禁のひとの最後と親父がかーちゃんを助けに来るところは何度読んでも感に堪えない
    それ以外は勢い熱さで気にならなかったのが読み返すたびにコマ割りの面で不満が出てく...

    続きを読む
開く

セーフモード