芋の葉に聴いた咄 珍見異聞1巻

坂田靖子

440円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「雪笹」におちている小づちを拾った烏帽子の中将。「葛の葉」という名の狐が母だったといわれる安倍晴明。この川の水を飲み干したいとうそぶく「河童」。「月の山」で笛の名手と奏でた相手は月の姫だったのか?いにしえの雅やかだが、どこか変な奴たちが現代に蘇る!!

    続きを読む
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    4
    1
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2011/05/13Posted by ブクログ

      【キャッチコピー】ふしぎなことごとうけいれて

      【一行書評】坂田ふう堤中納言物語で豊かな気分。

      【評価】よかった

      【読了日】2011年05月13日

      【この作品10の要素】
       ・おかしなことがある...

      続きを読む

    セーフモード